リサイクルトナーカートリッジ印字トラブル予防方法
TopPage トラブルを予防するための豆知識として、プリンタを購入されたときには
付属のマニュアルを読むことにより解決できるトラブルが多々あります。
また、機械を正しく使用する事により、トラブルの発生は軽減できます。
会社概要 感光体ドラムはとても傷つきやすいので、紙詰まりや、カートリッジを交換する際は、
丁寧に扱ってください。誤った方法を行うと、感光体にキズがつき、
印刷面に黒い点が発生してしまいます。
リサイクルの
流れ
プリンタ、コピー機を使用する際に機械内部のほこりや、
紙粉の出やすい用紙を使用した場合には、
これが原因でカートリッジのクリーニングブレードの
トナー掻き取り不良が起こり、その結果、印刷面に帯状の黒汚れが出たりします。
定期的にプリンタ内部を雑巾で掃除したり、
長期間使わない場合にはカバーをかけておくといいと思います。
印字トラブル
予防方法
プリンタ、コピー機を使用する際には、水平の状態で使うことが前提です。
スキャナでは、水平にローラーが動くように出来ていますし、
プリンタも水平に用紙を引っ張って行けないと紙詰まりの原因になります。
    トナー残量が少なくなると、ホッパー内部のトナーが片寄り、
早めに印字カスレなどが起きます。
その際は、トナーカートリッジをマシンから取り出し、
そっとトナー漏れが起きないように垂平にカートリッジを振りトナーを
均一にしてからご使用ください。
印字の片側がうすい、かすれる場合には、トナーカートリッジを
マシンから取り出し、再度入れ直す事により復帰する場合が有ります。
温度の高い時期は、コピー用紙が水分を含み白ヌケする場合が有ります。
そのような場合は、新しいコピー用紙と交換してみてください。
復帰する場合が有ります。
印字トラブルの原因としては、トナーカートリッジ側・ハード側によるものがあります。
お手入れや取扱いを注意する事により防げる問題もありますが、
もしもの時のために予備のカートリッジを持つ事をお勧めします。